生活保護受給中でキャッシングはできる?年収を偽ってキャッシングをして審査に通ったら一体どうなる?

生活保護受給中は、借金が出来ません。これは福祉事務所の方から生活保護を受給する際に借金がある人は生活保護が受給出来ないと宣告されます。

その為、借金がある人は、自己破産しないと生活保護を受給する事が出来ないのです。

かなりシビアですが借金があると法律上借金する事は出来ません。

しかし、陰に隠れてこっそりしようと思えば出来なくもないですが、如何せん、働いていないですから、生活保護受給者がキャッシングをする事は非常に厳しい情勢です。

生活保護受給中は借金は原則出来ないのでかなり生活保護を受給している人は、お金のやりくりは大変です。

キャッシングが出来ないですからね。ここがお金の厳しい所ですね。借金は基本的働いている人がする物です。

生活保護費を受給している場合は借金は強制的に自己破産でチャラにして出直しをさせられます。

これが嫌な場合は生活保護を受給しない事が1番になりますが、お金はある所にはありますがない所にはありません。

生活保護受給者は立場が弱い

生活保護受給者はとにかく世間的な立場が弱いです。

先ず、消費者金融でキャッシングを申し込むとものの見事に弾き返されます。世間的信用が著しく悪いです。

先ず、無職の時点でかなり信用度が低いですね。金は天下の回り物とはよくいったものです。

お金がある所にはたくさんありますがない所には本当にありません。

本当に先進国の日本ですが格差はあります。

生活保護受給中は、様々な制約がついて回ります。

また担当ケースワーカーが抜き打ちで家庭訪問にやってきます。

大体月1回です。月1回以上来る事は余程の事が無い限り来ないです。

この家庭訪問こそが生活保護受給中の人に無言のプレッシャーをかけています。

なかなか福祉事務所も牽制球を絶妙な所で投げてきます。なかなかしたたかです。生活保護受給者には、厳しいトラップがあります。

キャッシングは諦めた方が賢明です。返すお金が先ずないですよね?働いていない訳ですから。そうなると闇金位しかお金は貸してくれません。

年収を偽ってキャッシングをしてしまった!審査に通ったけど、一体どうなるの?

収入証明が必要になるラインよりも下の金額であれば年収を偽ってキャッシングする事は、大した問題ではありません。

問題は思ったより多くお金が借りる事が出来るのでしっかり、返済が出来るかどうかです。

ここが一番重要と言ってもいいのではないでしょうか?返済は当然収入が多い訳ですから、普通に返済しないと辻褄が合わなくなってきます。

その為返済がしっかり出来る自信が無ければ、余り年収のサバを読むのはやめておいた方が得策です。

返済に関してはある程度自信がないと、実際に年収をごまかしてお金を多く借りる事に成功しても、返済をどうすればいいのかでは困ります。

年収を偽ってキャッシングしているのですから、そこはガッチリ正面から受け止めないといけません。

大きく借りたら、それ相応の返済をすればいいのです。

それが出来ないなら年収を偽ってはダメです。借りる資格がありません。

返済がきつくならない程度に

年収を偽ってキャッシングしている訳ですから、常に堂々としていなくてはいけません。

返済に関しても勿論計画的にしておかないと後でとんでもない目に遭います。

そうならない為には返済がきつくならない程度にしておくことが非常に重要です。

年収を400万円の所600万円と偽った場合。

総量規制上400万円は、133万円が上限ですが、600万円と年収を虚偽申告した場合200万円が上限となります。

その差67万円です。67万円はかなりの大金です。

ここを慎重に考えなくてはいけません。

年収を偽ってのキャッシングは、自分自身で自分の首を絞めている行為と同じです。

一歩間違えると大変な事になります。炎上したら大変です。

ここはいくら多めの枠が来たからと言って、それを真に受ける必要はありません。

いちいち真に受けていたら大変です。

一番肝心な事は自分の返済能力をよく考え、この金額までは確実に返済出来ると言うライン以上は借りない事です。

慎重にここはいかないといけません。

母子家庭で生活が苦しくても生活保護は最後の手段!

離婚をしたり、結婚をせずに子どもを出産したりすることが認められつつある時代。

しかし、認められたからといって何かいいことがあるわけではありません。

母子手当というものもありますが、支給条件の年収が非常に低く設定されており、普通にパートをしていれば満額もらえる人はほとんどいないでしょう。

子どもを育てるのには何かとお金がかかります。

毎日の食費や光熱費はもちろんのこと、学費やレジャー費用、衣服代などなど・・・あげ始めればキリがありません。

特に最近の子どもは「流行りに疎いといじめられる」という風潮があります。

ケイタイ電話も持たせなければいけませんし、洋服だってずっと同じ物を着せ続けるわけにはいきません。

本気で生活に困った場合、生活保護という手もあります。が、生活保護なんて簡単に受けられるものではありません。

貯金をしていてはいけませんし、車も持っていてはいけません。いろんな物が制限されてしまいます。

子どもの将来のために貯金をしたい。いろんなところに連れていってあげるために車は持っておきたい。

子どもを愛する母親であれば、当然の欲求でしょう。しかし、これすら認められなくなります。

お金をもらえるというメリットの裏にたくさんのデメリットが潜んでいるのです。

安易に生活保護を受給しようと思わず、一時的なお金の悩みであればキャッシングでしのいだ方が将来的に絶対にいいでしょう。

近年、闇金は「090金融」と呼ばれている

母子家庭ともなるといろんな悩みが付きまといます。

いくら女性が社会進出してきていると言っても、男性ほど稼げている女性はほんの一握りです。

男性と同じ労働環境で働けば、男性よりも女性の方がお給料が少ないのが世の常です。

収入が少ないとなると、キャッシングできる金額も少なくなってしまいます。

というのも、貸金業法で「年収の3分の1以上は貸してはいけない」と決められているからです。

これ以上の金額を貸してくれるところは、もれなく闇金なので絶対に借りないようにしましょう。

当然のことですが、闇金は自らを闇金とは名乗りません。普通の中堅消費者金融のフリをしてお金を借りさせようとしてきます。

闇金と良心的な消費者金融を見分けるために1番手っ取り早い手段は、電話番号を確認することです。

電話番号が携帯電話の番号になっている場合、100%闇金系だと考えて間違いありません。

闇金は、何かあった時にすぐにその場から逃げるため、固定電話を使わずに営業しているところがほとんどなのです。

こうしたことから、近年では闇金のことを「090金融」と呼ぶこともあるぐらいです。

携帯電話番号でなければ100%安心ということではありませんが、携帯電話番号であれば100%危険です。関わらないようにしましょう。

子どもがお金を欲しいと言い出した時

小さい頃は贅沢を言わずお金もかからなかった子どもも、大きくなるにつれどんどん変わっていきます。

高校生にもなれば遊びにもお金をかけるようになりますし、卒業旅行など出費も出てくるでしょう。

子どもが自分でアルバイトをして稼いでくれる子どもであれば「自分のことは自分で」とまかせっきりでいいかもしれませんが、そうしたことをしてくれる・またはできる子どもばかりとは限りません。

働きたくない、遊びに時間をかけたいというワガママだったり、受験勉強や部活で忙しくて時間が取れないといった真面目な子どももいます。

こうした子どもがお金を欲しがった時に強く「NO」と言えればいいのですが、多くの母親はそうは言えません。

これまで母子家庭で苦労をさせてきた負い目や、これからも良い関係を築いていきたいという気持ちで、お金を出してあげたいと思う時があるでしょう。

だけど、出してあげるお金がない・・・そんな時はキャッシングを上手に利用しましょう。

もし、子どもが高校卒業間近であれば、「卒業後の返済は任せる」という約束をしてもいいかもしれません。

母子家庭だということを理由に簡単に子どもの願いを却下してしまうと、親子関係にヒビが入ることもありますから、そうならないように見極めをしっかりしたいところです。

私も母子家庭の母。キャッシングのおかげで息子は立派に育ちました

ここに書いたことは、母子家庭の母である私が実際に感じ、考え、調べてきたことの一部です。

最初にキャッシングに手を出したのは、ママ友との高級なランチ会の時でした。

「たまには贅沢しよう」という誘いに思わず乗ってしまったのですが、お金が全く足りず・・・

かと言って、誘ってくれた人は息子と仲の良い友達のお母さん。お金がないからと断りを入れることもできず、悩んでいた時に闇金のチラシを目にしました。

このチラシをきっかけに「お金を借りよう」と思ったのですが、そのチラシのところでは借りていません。

母子家庭がお金を借りる方法をネット検索で調べて、普通の消費者金融で借りました。

電話番号が090だったので、あのままあそこで借りていたらどうなっていたんだろうと考えるとゾッとします、

私はパート勤めをしていたので、お金は簡単に借りることができました。

一度審査に通ってしまうと、同じカードで何回でも借り入れをすることができたので、半年に1回は利用していました。

利用していなければ、息子の誕生日に息子の欲しがっているおもちゃを買ってあげることもできませんでした。

キャッシングを利用したおかげで、息子には大きな不自由をさせることもなく、今では立派な社会人になってくれました。

「女手1つで育て上げてくれてありがとう」と、今でも毎月仕送りをくれます。

同じようにお金で困っているシンママさんのために、母子家庭でもお金を借りる方法などをサイトにまとめていこうと思い立ちました。

同じ境遇の方の参考になればと思います。