子供の入学費用が足りない。子供の生活費が足りない。お金を工面する方法。

子供の入学費が足りないのは親の責任です。しかし、ここで親を責めても仕方がありません。

子供の入学費用を如何にして、作るかが最重要課題です。

キャッシングを上手くここは活用したいですね。

入学費用を何とかすればいい訳ですから、継続的に借金が必要な訳ではありません。

ここが一つのポイントです。

お金を必要なのはこの1回だけですから一時的に家計はマイナスになります。

しかし、子供の入学費用が足りないだけですから、大手消費者金融で何とかお金を作れば後は返済をコツコツするだけです。

これで毎月お金が必要になってくるとなると、話は大きく変わって来ます。

かなりお金の出し入れが必要になってきます。

本来なら子供の入学費用は貯金で賄わないといけないのですが、貯金が出来ていないなら、貯金と対極に位置する借金で何とかピンチを切り抜けなければいけません。

キャッシングで子供の入学費用を何とか賄わなければいけません。

何はともあれ入学費用は作る

子供の入学費用を作るのは当然の事ながら親の責任です。

とにかく義務教育の間は絶対に親が面倒を見なければいけません。

そして、子供にふびんな思いをさせてはいけません。

友達と同じレベルで遊ばせてあげたいですよね。

自分の大切な子どもですから、親が多少は苦労してでも、子供が楽しく学校に行く環境作りはしないといけません。

今回は入学費用だけの問題ですから、キャッシングで十分対応する事が出来るでしょう。

あくまでもこのキャッシングは子供の入学費用の為だけに借入するのです。

その他にお金を使ってはいけません。よくありがちな話なのですが、思ったより安く済んだので余ったお金を浪費してしまった。

これはキャッシングの定義から大きく外れています。

本来なら子供の為に、お金を使って後は返済です。

しかし、ここで思いもよらぬお金が余った。じゃあ使ってしまおう。

これは、はっきり言って邪道です。

こんな感じでお金を使ったらパンクするのはほぼ確実です。

子供の生活費が足りない。お母さんが入院してしまったらどうすればいい?

先ず、お母さんが入院した場合、当然母子家庭ですから、子供だけが取り残されてしまいますね。

当然子供が小学生とかならアルバイトも出来ません。

何処からお金を工面するか非常に頭を悩ますと思います。

そうは言っても子供は頭を悩ましません。

母親が頭を悩ますのです。

ここではキャッシングは出来ません。

これが結論です。

そうなると子供はどうなるのか?

ここにスポットライトが当たりますが、ここは身内が援助する以外に方法はありません。

当然、この状況で、子供の生活費が足りない訳ですから、貯金は当然ない訳です。

そうなってくると身内が援助しないと、この問題はどうにもなりません。

母子家庭の厳しい所です。

最悪、別れた元夫から援助を依頼するか?

手立ては色々ありますが、中々厳しい問題に直面しているのは間違いありません。

非常にデリケートな問題です。

子供をふびんな思いをさせたくないのはどの親も同じです。

ここは何とかしないといけません。

母子家庭の危機

子供の生活費が完全に足りない状態になったら、これは一時的ですが、生活保護を申請した方がいいですね。

母子家庭で母親入院であれば、生活保護の申請がほぼ間違いなく通ると思います。

この手段で危機を乗り切ると言う一手はありますね。

なかなか難しい部分なのですが、生活保護を受給する権利は誰にでも平等にあります。

しかし、それは窮地に陥った時の話です。

窮地に陥らなければ、その権利を行使出来ませんし、する必要もありません。

子供の生活費が足りないのは普通に考えて深刻な問題です。

子供が生活保護の申請を子供がする事は考えられません。

恐らく、入院中の母の病院に福祉事務所から、ケースワーカーが病院に書類を持ってくると思います。

この母子家庭の危機を救うのは生活保護になる可能性が高いです。

子供の生活費が足りないピンチ。

同級生にはこういった事実は他人には知られたくないですね。

まして子供ですからね。

本当にこの問題は慎重かつスピーディーに対応しなければいけません。